D.I.M.S.の強み

スキャン・OCRならD.I.M.S. ホーム  > D.I.M.S.の強み

文書スキャニングD.I.M.S.の強み

D.I.M.S.の3つの安心

D.I.M.S.ではお客様と三つの安心をお約束させていただいております。

1つ目の安心 高クオリティのスキャニング
J-SOX法(※1)、e-文書法(※2)、電子帳簿保存法、内部統制にも対応。各法令の規定を満たす、品質の高いスキャニングサービスをお約束します。
2つ目の安心 小ロットのご依頼歓迎
「少量の書類の電子化は高コストなのでは?」という心配は不要です。1枚単価でのご依頼もお受けいたします。低コストでの電子化をご利用ください。
3つ目の安心 個人情報保護法の遵守
職務上知り得た個人情報(※3)は、機密事項として決して他に漏れないよう組織的に対応するとともに、直接担当する社員への教育も徹底し、厳重に管理をしております。
  • ※1:J-SOX法
    日本版SOX法(金融商品取引法)、新会社法(改訂会社法)。
  • ※2:紙による保存が義務付けられていた文書を、一定条件の下で、スキャナを利用して電子化文書にて保存することを可能とした法律。
  • ※3:
    各種文書のスキャニングに関しては、機密保持契約を個別に結び、個人情報等の漏えいがないよう細心の注意を払って作業をおこなわせていただきます。個人情報保護法を順守いたしております。
    ②D.I.M.S.ではSECOMのセキュリティシステムを使用し、入退室の管理を厳重におこなっています。また、現在プライバシーマーク取得申請中です。

得意としています!研究資料のデータ化なら、D.I.M.S.にお任せ!

学術的価値の高い研究資料などは、文書スキャニングで永遠に。

D.I.M.S.は貴重な文献のスキャニングをもっとも得意としています。
大学や研究機関に所蔵されている貴重な文献をデータ化して保存しませんか?文書スキャニングをすれば、貴重な文献が経年によりダメージを受けることも、災害などにより失われることもありません。またD.I.M.S.では電子書籍、ウェブアーカイブ、閲覧機能付きデータディスクの作成も可能ですので、利便性も向上します。さらにOCR処理を行えば文字部分をテキストデータとして取り出せるので、タイピングの手間もありません。

学術的価値の高い研究資料などは、文書スキャニングで永遠に。

電子書籍の台頭などデジタル化の進展にともなって著作物の利用が進むなか、著作権関連のトラブルも増加してきました。Google社が著作権者に無断で電子書籍化を進め、それらをネットワーク上で公開して権利を侵害したとして、米国内の著者・出版社団体から訴えられ、多額の和解料の支払いとユーザーに対する課金および著作権料徴収の徹底を命ぜられたことは記憶に新しいでしょう。

スキャニングや電子書籍化をされる場合は、著作権に触れないよう配慮する必要があります。そこでD.I.M.S.では著作権トラブル防止のため、著作権契約書の作成代行をお受けしています。「手間をかけず著作権契約書を作成したい」「ヌケモレのない契約書をつくりたい」とお考えの方は、D.I.M.S.までご相談ください。

著作権に関するご相談もお受けしています!

知的財産の重要性が広く認知されているいま、著作権に関するトラブルも増加しています。「こういった目的での利用は大丈夫?」といった著作権に関するご相談もお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

D.I.M.S.の事例紹介

神戸学院大学人文学会

研究推進費対象研究
『基本神智学文献の電子化―ブラヴァツキー・ロッジ機関誌『明星』を題材として―』

神戸学院大学人文学会

研究推進費対象研究
『平井文書のマイクロ化ならびに電子化』

平井金三研究会

科学研究費対象研究
『平井金三における明治仏教の国際化に関する宗教史・文化史的研究』

詳しくはコチラ

文書スキャニングならD.I.M.S.におまかせください!

文書情報管理士1級取得者を擁するD.I.M.S.は、文書保存・資料保存・電子化の総合ソリューションをご提供しています。

「貴重な論文をデータ化したい」
「原稿へのダメージを心配することなく保存したい」
このようなご要望がありましたら、ぜひ弊社におまかせください。文書電子化の専門家として、最適なサービスをご提供させていただきます。

文書スキャニングに関するご相談・ご依頼はこちらから!D.I.M.S.が、皆様に最適なソリューションをご提供させていただきます

TOPへ戻る